サクラを完全に判断することは困難です

サクラというのは有料出会い系サイトには絶対に存在すると言えます。
どれだけ優良なサイトであってもサクラが存在しないポイント制サイトはないのです。
だからポイント制サイトの会員にになる場合は「サクラが存在する」ことをきちんと認識しておくことが重要です。
サクラとは女性会員のフリをして男性会員にポイントを使わせる憎い存在だと言えます。
ポイント制サイトはメールを送信したり受信したり、掲示板を閲覧するだけでポイントをかかるのです。
サクラは男性に出来るだけ多くのポイントを消費させることが仕事でその為に様々な手口で誘惑をします。
サクラに騙されたらポイントを消費してどれだけ努力しても相手と出会うことは出来ないのです。
つまりお金も時間も全てが無駄になります。
なので出会い系サイトの評価サイトでは「サクラに注意する」事を呼びかけているのです。
サクラを判断する方法は複数存在しますがどの方法を使用しても「サクラを完全に判断することは困難です」そう思ってください。
ヤフー知恵袋の掲示板を確認すると理解できると思いますが出会い系サイトのサクラに騙された人は大勢存在します。
自分だけが騙されたのではないのです。
要するに騙される人が愚かなのではありません。
「お金と時間を無駄にした」とショックを受ける気持ちは理解できますがあまり落ち込まないでショックを受け過ぎないようにしてください。
出会い系サイトにおいては誰もが通る道なのです。
あとはサクラを過度に警戒して「一般会員女性をサクラ扱いする」といった悪循環に陥る人も存在します。
現実に出会い系サイトの会員になっている女性の大半は「サクラと思われ連絡が来なかった」なんて経験をしています。
しかしそれでは出会いの機会を無駄にしてしまいます。
サクラを警戒するのもいいのですがあまり警戒し過ぎると出会い系サイトを活用している意味がなくなります。
サクラ対策をきちんとして騙されないように自衛しつつメール交換をして欲しいと思います。

彼女探しの場所と思わずYESと言いたくなる告白スポット


彼女探しは単に女性に声をかければいいというものではありません。彼女探しをするなら、何かしらの行動をして、女性との出会いを見つけていくことが大事です。趣味やネットなどから何かきっかけを見つけ、女性と触れ合っていけば彼女探しはうまくいくでしょう。

趣味を通じて彼女探し

彼女探しをするなら、スポーツジムや習い事、サークルなどでの活動をすることで、いい感じの女性と知り合いになることができます。興味のある女性と共通の趣味があれば、お互いの話題に付き物となり、楽しく付き合うことができるのです。実際に共通の趣味から知り合って、後に結婚したという事例は少なくありません。
性格やタイミングによって違いはあるものの、定期的に通えば出会いの確率は上がるので、興味があればやってみましょう。

例えば、スポーツを一緒に行うと女性といい関係になりやすいです。

スポーツで汗をかくことはいいことで、運動すると体が熱くなり興奮状態になり、開放的な気分にもなります。このときにボディータッチなどをすると、自然と受け入れられるようになって男女の交流がしやすくなります。
一緒に運動するとすぐに打ち解けられると言われ、友達やカップルの状態から一緒に運動すると、一気に親密関係になるでしょう。

ネットを通じて彼女探し

彼女探しはインターネットからでも行えます。SNSや出会い系サイトなどから、いい出会いをしている人は結構います。スマートフォンからでも利用できることから、彼女探しがやりやすい環境となっています。ネットから彼女探しをすると、現実世界で出会いに使う体力はそれほどかからず、緊張せずにできます。

しかし、ネットからだと顔が見えない、動作がわからないなどの相手の情報を知ることが難しいです。

ネットから彼女探しをしていると、周りから軽い気持ちでやっていると思われてしまいます。軽い出会いと考えてしまうと、彼女探しはうまくいきません。お互いの意識がうまく伝えられるかが重要で、実際に付き合うためにはしっかりと交流を重ねていけるかが試されます。ネットにおいても、オープンに接すればうまく探せます。

また、出会い系サイトや出会いアプリで恋人を探すメリットとして、目的が一緒の男女が集まる、ということが挙げられます。

「出会い系アプリ」が彼女探しにぴったりというのは、そこには「彼氏が欲しい」という同じ目的の女性が集まっているからです。
アプリ内の掲示板やプロフィールを見れば、彼氏を募集している女性が意外にも多いことに気付くはずです。

最近の出会い系サイトは法整備のおかげでダークな印象が薄くなってきています。
登録に本人確認が必要になり、簡単に悪い事が出来ないような仕組みづくりになっているのです。

7~8年ほど前までは確かに「出会い系サイト」が、犯罪やトラブルの温床でした。しかし、平成20年に「出会い系サイト規制法」が改正されたことで状況は大きく変わりました。
今では「出会い系」で起きるトラブルが、ネット被害全体の数パーセントにまで減っています。

むしろ今怪しいのはLINE ID交換掲示板と呼ばれる、法規制の網に掛からないサイトでの出会いでのトラブルが増加中です。
(参考:警視庁

出会いにつながる行動まとめ

趣味やネットなどからいい出会いにつながることは多いです。女性と一緒に趣味に取り組むと、親密な関係になりやすいです。特にスポーツは一緒に運動することで、互いにすぐ打ち解けられるようになります。ネットからも彼女探しができ、体力はそれほど使わずに簡単にできます。ネットでの彼女探しは、顔が見えないなどのデメリットもあり、軽い出会いと考えれば彼女探しはうまくいかなくなります。

出会えたあとは思わず付き合いたくなる告白スポットで最終アプローチを!

約75%の女性が好きな人から告白されたいと思っているそうです。
自分からは告白できなくて恋に受け身になっている女性はたくさんいるので、彼女探しをしている男性から攻めの姿勢で告白してみるのはいかがでしょうか。

攻めの姿勢と言っても手あたり次第告白するのではなく、なるべく成功率を上げたいですよね。
そんな人に告白されたら思わず女性がYesと言ってしまうスポットを紹介したいと思います。

夜景がきれいなところ!

夜景がきれいなところで有名なのはお台場やみなとみらいがあり、どちらも遊ぶところがたくさんそろっているので一日飽きることなく過ごせます。
特におすすめは海辺です!
お台場にはレインボーブリッジ、みなとみらいにはベイブリッジがあります。
どちらもとてもきれいで人気なスポットです。
いっぱい遊んだ後に、いい雰囲気の中で告白されてうれしくない女性はいませんよね。

雰囲気のいいレストラン!

夜景がきれいなレストランや、明るすぎないレストランなどの雰囲気がいいレストランは非現実感があり好きな女性も多いのでおすすめです。
いつもは大衆的なレストランに行くことが多い人は、いつもとは違う夜景のきれいなレストランに誘ってみてください。
きっと女性も意識して着飾ってきてくれますよ。

季節のイベントでの告白!

花火大会や、クリスマスイベントなど一年でいろいろな季節のイベントがありますよね。
そのイベントに合わせて女性に告白するというのはどうでしょうか。
「どう誘えばいいのかわからない」という人は、「行ってみたいけど、一人じゃ行き難いから一緒に行かない?」や、「チケットが二枚あるけどどうかな?」などと勇気を出して声をかけてみましょう。
案外女性も同じように「行ってみたいけど一人だと気が引ける」と思っている人がいるかもしれませんよ。

遊園地や水族館!

遊園地や水族館などの娯楽施設での告白なんて、想像するだけでロマンチックですよね。
特に夜の遊園地での観覧車内での告白は狭い空間に二人きりになるので成功率が高いようです。
狭い空間で密着していると、世界で二人しかいないように意識してしまいますよね。

車や家も実は人気スポット!

おしゃれな場所は彼女が恥ずかしがり屋で行くことができない人や、彼女だと思われそうと感じる人は、車の中や家での告白がおすすめです。
雰囲気がいい場所が好きな女性は多いですが、実は人前で甘えるのは恥ずかしいなどの理由から車や家が好きな女性も多くいます。

女性はみんな、ロマンチックです!

笑顔の女性
女性は、多くの人がきれいなものやロマンチックな場所が好きです。
相手の女性がどんなものを好むかで場所を考えてみましょう。

料金形態の違いについて

出会い系サイトに料金形態の違うサイトがあるということはご存知かと思います。
有料サイトと無料サイトというようにまるで正反対とも思える料金形態のサイトが存在しているわけです。
既に利用している人にとっては、そんな料金形態の違いについては自然なこととして受け入れているという人もいるでしょうが、普通に考えるととてもおかしいことであると思います。
内容的な違いが著しいというのであれば、その料金の違いに関しては納得する部分があるでしょうが、
機能的なものでの違いがないということになれば、これはおかしいと思わないほうに問題があるようにさえ思えるわけです。
もちろんそこにはちゃんと納得できる理由があるわけです。
ではここで出会い系サイトでの料金形態について簡単に説明をして見たいと思います。
まず無料サイトですが、すべての機能が一切料金を支払うことなく利用できるというサイトです。
利用者にとってはありがたいサイトですが、無料であるとはいってもしっかりと収入を得て運営しているのです。
収入源となるものが利用者ではないというだけなのです。
というわけで有料サイトと同じような機能での運営が出来るわけです。
その収入源となるのは、広告です。
これはネットの世界では今では常識的なものにもなっているものですから、言われてみれば納得という人も多いでしょうね。
続いて、有料サイトですが、ポイント制と定額制との二つのタイプがあります。
ポイント制は、機能を利用するごとに個別で料金が発生するというもので、前もって購入したポイントを使って利用するという形態です。
購入したポイントがなくなった場合には追加で購入して利用するというシステムです。
そして定額制ですが、月額の利用料金を支払うことですべての機能を際限なく利用できるというものです。
一般的にはこのタイプの料金形態がなじみのあるものではないかという気がします。
利用者の状況に合わせて選択すればいいもので、どれが良いとか言うようなものではないでしょう。

被害に遭うのは男性だけではない!

悪質サイトによる被害は、出会い系サイトを利用する男性にとって注意してもしすぎとはいえない問題です。
危険なサイトを利用するリスクを犯さないで、安全なサイトを利用することを熱望しているわけです。
架空請求などの直接的に金品を請求されるような被害からサクラによるポイント消費という被害まで、出会い系サイトを利用する男性にとって、気の休まることがないわけです。
もちろん、注意をしていれば回避できることでもあるわけです。
基本的にはちょっとした油断や気のゆるみがあることで、被害を招く場合が多いわけです。
とはいっても、騙すほうが悪いには決まっていますが、自分自身でしっかりと身を守らなくてはいけないわけです。
冷静に判断できるような自分であることです。
男性利用者はそんな注意を常にしていなくてはいけないのです。
では、女性はどうかというと、決して安全というわけではありません。
男性に危険があるように女性にも危険はあるわけです。
ポイント消費のサクラは確かにいないでしょう。女性にはポイントが必要ない事が普通ですからね。
しかし、誘導型のサクラに騙されることはあります。
架空請求ももちろんあるわけです。
特に女性の場合は恫喝されるようなことがあれば、怖くなって支払ったりすることもあるわけです。
メールアドレスの情報しか知られていなくても、電話連絡をするようにという指示があれば確認の電話をしてしまうでしょう。
そんなことになれば、あっという間に個人情報が聞き出されてしまいます。
その後は、電話による怖いお兄さんからの請求という事になったりするのです。
そんな状態を女性が耐えられるわけがないのです。そして支払ってしまうという流れです。
他にも色々な手口で詐欺行為を働くわけです。
男性の身に起こることは女性にも起こるわけです。
残念なことに、悪質サイトでは、男女平等ということになっているようです。
ですから、女性であっても、男性同様に被害にあわないように注意をしていなくてはいけません。
むやみに個人情報を教えないということはもちろん、知らないメールには手を出さない。
不用意にメールに張られているリンクをクリックしないなどのことは守らなくてはいけません。
何よりも、女性も被害に合うという自覚を持つことです。

詐欺に支払ってしまったお金は取り戻せるのか?

出会い系サイトなどに潜んでいる悪徳業者による詐欺行為の被害にあったような場合、
どんな請求であったとしても支払ってしまうとそのお金を取り戻すことは出来ないと思っていなくてはいけません。
明らかな詐欺行為だとわかっていたとしても、一度支払ったものを取り戻すには手続きが必要なのです。ようするに裁判です。
しかし、何の法律知識のない個人が一人で裁判を起こせるかといえば、現実問題として不可能です。
残念ながら知識がない個人が自分の権利を主張することは出来ないわけです。
しかし、そのために法律の専門家がいるわけです。
このケースでは司法書士にお願いするというのが一般的で、一番良い方法でしょう。
もちろん司法書士がやってくれれば、悪徳業者からお金を取り戻すことも可能でしょう。
明らかに詐欺であることが証明できるのであれば、問題はないかもしれません。
ということは、お金を支払ってしまったとしても、証拠を確保しておけば帰ってくるということになるわけですから、
怖い思いや面倒なことで煩わせる前に支払ってしまって後から取り返すというのが、一番賢いやり方のようにも思えるでしょう。
しかし、まったくもってそんな事はないのです。
なぜならば、司法書士に頼めば確かに勝てるでしょう。
お金も取りもどせるでしょう。しかし、費用がかかるわけです。
出会い系サイトでの架空請求の被害額程度であれば、その半分以上は支払でなくなってしまうわけです。
それでもいくらかでも取り戻せるから良いと思うかもしれません。
しかし、金銭以外にも時間も精神もすり減らすことになってしまうわけです。
さらに言えば、基本的には勝てるでしょうが、負けることもあるということです。
そうなればダメージも大きいでしょう。
そんな色々なリスクを考えると、裁判を起こす価値があるかということにもなるわけです。
その結果として、一度支払ったお金が戻らないということにつながるわけです。
ですから、決して支払わないことです。

後払いのシステムについて

有料の出会い系サイトのなかでもポイント制の場合は、基本的に先払いでポイントを購入して使用します。
だからこそしっかりと使う費用を計算管理できるわけです。
この管理が出来るという点がポイント制を選択する一つの理由でもあるわけです。
ようするに、あらかじめ利用する金額を設定しておいて、ポイントを購入すれば使いすぎることがないというわけです。
定額制で使う料金以内にその金額を設定しておけば、確実に費用面で優位な利用が出来るというわけです。
しかし、ポイント制でどれだけ制限を設けたとしても、相手があることです。そんなに予定通りに行くわけがないのです。
思っていた以上にポイントを消費することもあるでしょう。
一月もたなかったりした場合、残りの何日間を利用しないで過ごすだけの自制心があれば良いのですが、メール交換を始めていた場合はそんな事は無理です。
『今月分のポイントがなくなったので、来月まで連絡取れないから、また来月ね』
なんてメールを最後に数日音信不通の相手を気長に待ってくれる女性はそんなにはいないと思います。
まったくいないわけではないでしょうが、そんな相手にめぐり会える確立は少ないでしょう。
しかし、逆にそんな彼女が理想的と考えているのならば、あえてそんな行動をとるのも良いかもしれませんね。
話がそれましたが、一般的にはポイントがなくなった場合新たに購入することになります。
そしてその支払方法によってはポイントがすぐに利用できないということもあるのです。
実際にはクレジット決済以外はすぐには利用できません。事務的な手続きに時間がかかるわけです。
前払いですから入金を確認できなければポイントを利用させるわけに行かないというわけです。
それでは間に合わないというようなこともあるかもしれませんが、そういったシステムであることを理解して利用するしかないわけです。
そんな心配が要らない方法として後払いシステムもあるわけですが、この方法ならば確かになくなったポイントの補充はすぐに出来ます。
しかし、簡単に出来ることが使いすぎということにもつながるわけです。決してお勧めできる方法とは言えません。
サクラが最も好むいシステムでもあるわけですから、その危険も考えなくてはいけないのです。

完全無料でも安心はできません

出会い系サイトの中には完全無料というような事を全面に押し出しているサイトがあります。『完全』とつけているあたりでちょっと怪しい気もします。
そもそも、無料であることに完全とか不完全なんて事があるのでしょうか。
無料といえばただで利用できるということですから、それが完全である必要はないわけです。
しかし、世の中には舌先三寸で人を煙にまく存在がいるわけです。
その行為によってお金を奪われてしまうようなことになった場合は、詐欺行為ということになるわけです。
中には限りなく詐欺に近いが詐欺ではないというようなこともあるわけですが、出会い系サイトでの完全無料というものの中には、そんなぎりぎりを狙ったものが良くあるわけです。
たとえば、登録だけが完全無料であるだとか、プロフィールの閲覧は完全無料で後は料金がかかるというようなことです。
あるいは、お試し期間が完全無料というようなもっともらしいものもあるわけです。
本当に騙す意識がないのであれば、それは逆にサービスと言うことで利用者にはありがたいものとなるわけですが、
無料であることを強調したり、無料のサイトだと誤解させるように仕向けている時点で確実に悪意が存在しているわけです。
ですから完全無料のサイトであるならお金も一切かからないと安心してはいけないということです。
特に完全である事に対するサイト側の意図を読み取る必要があるでしょう。
中には怪しげなサイトが無料でもないのに無料サイトを名乗っていることから、あえて完全無料という言葉を使うという場合もあるでしょう。
その場合は本当に無料であることを伝えたいわけです。
そんなサイトの意図を読み取るためには、サイト内をくまなくチェックして怪しい箇所のない事を確認しなくてはいけません。
多くの場合本当に無料ではないサイトでは、料金について書かれている箇所を発見できるはずです。
特に利用規約をよく読んでみることです。
そんな記載を見つけて、それがわかりにくい場所であったとしたら、優良サイトではないことは間違いないでしょう。
悪意があると判断しても良いと思います。
利用は避けるべきでしょうね。

有料サイトにはどんなメリットがあるのか

無料のサイトと有料のサイト、出会い系サイトにはこのように料金体系がまったく違うサイトがあるわけです。
利用者はやはり無料のほうが良いと思って選択するでしょう。
同じような内容であるのならば、無料のほうが良いに決まっているからです。
そして無料サイトは人気のサイトとなるのです。
これが、相手がいないようなものであればそのまま無料サイトの一人がちということらもなってしまうところでしょう。
しかし、出会い系サイトというものは、出会う相手というものがいるわけです。
どれだけ男性の利用者が無料サイトに殺到したとしても、出会うべき相手の女性が同調いなかったとしたら、無料サイトでの出会いに大きく影響することになるわけです。
そして、実際にそんなことになっています。
その理由は、男性は無料だということで喜んでいたとしても、女性も同じ気持ちではないということなのです。
女性にとっては、有料サイトと代わりのないものなのです。
なぜならば、女性は有料サイトでも無料だからです。
ですから、無理に無料サイトを選択しなくても良いということなのです。
その結果として、女性は有料サイトを選択することが多いわけです。
その理由とは、無料サイトは男性の利用者の本気の気持ちというものが有料サイトに比べると劣ると考えるからです。
また、有料サイトのほうが、機能やサポートが充実しているというようなイメージがあるからではないかと推測できるわけです。
そして、このことが有料サイトにおける最大のメリットとなるわけです。女性が多いという。

架空請求はどのように解決?

出会い系サイトには悪徳業者が運営しているサイトが多くあります。
そんなサイトにつかまってしまうと直接的な被害にあってしまうことも多々あるわけです。
いわゆる架空請求というものも良くあります。
一般的に架空請求に対しては無視と我慢ということで対処できるといわれています。
また、脅迫めいたメールやあまりに耐えられないような場合には警察や消費者センターで対応してくれるということも言われています。
特に警察では、以前はそんな相談を受けてくれなかったのですが、詐欺行為いに関しての相談には積極的に聞いてくれるような体制にもなっているとも言われています。
振り込め詐欺などの問題も影響しているといえるでしょう。
ようするに、多くの被害者が出ることで社会的な問題となったことから門前払いが出来なくなったといっても良いかもしれません。
どんな経緯にしても、相談に乗ってくれるようになったことは良いことでしょう。
しかし、そんな状態になっていることは悪徳業者も承知しているわけです。
そこで少し手を変えて、警察や消費者センターが手を出しにくい状況を作り出して金品を請求するようにもなっているようです。
たとえば、サイトが直接請求する場合は架空請求となるわけです。しかし、サイトが請求するのではなく、あくまでも会員の代理という形で請求した場合は、簡単には手を出せないようなのです。
会員同士でのトラブルでの請求という形であれば、これは民事ですから警察は介入できません。
消費者センターにしても民事という事になれば簡単には手を出せないということになるわけです。
明らかにサイト側と結託していることがわかってしても名目としてそんな状況であれば、相手にしてくれません。
ですから、いざとなったら警察か消費者センターといわれているわけですが、ケースによってはそれが頼れない場合があるわけです。
根本的な問題として、そんな状況にならないということが一番ということです。
しかし、もしもの場合には、しっかりと証拠を集めて対決姿勢をとることです。
弱気になっていると感じ取られれば、相手の思う壺です。関るだけ無駄なことだと悟らせることも大切です。